レーザー脱毛 できない人

   

レーザー脱毛 できない人とその条件とは?

レーザー脱毛はクリニックを中心として活用されている脱毛方式で、医療レーザーを皮膚の表面へ照射する事で毛根組織を変質させ、発毛の抑制を目指す脱毛メカニズムとなっています。
というか、医療なので医療機関ではない脱毛サロンではレーザー脱毛はできません。cf97df2d1189268261274748791fe0f9_s

基本的にレーザー脱毛はほとんどの人が施術を受けられる脱毛方法となりますが、一部の条件に該当している場合は施術できないこともあるので注意が必要です。
まず、レーザーの照射ができない人の例として、乾燥肌や極度な敏感肌・アトピーなどのアレルギー症状が挙げられ、このような肌状態ではレーザー脱毛による副作用が強く出てしまう確率も高まるので、照射が不可能と判断される場合があります。
また、妊娠中や日焼け肌などは施術が受けられないので要注意ですし、ほくろやシミなど色素沈着の強い肌状態が見られる箇所にも注意が必要で、日焼け肌と同じようにメラニン色素が増加しており、施術によってやけどを引き起こす可能性が考えられる為、レーザー脱毛できません。

まず、そんな人はいないと思いますが、施術前に自己処理で毛を抜いてしまうと毛根部分へ熱が蓄積されないので、レーザー脱毛を受けられたとしても効果が期待できなくなります。










 - レーザー脱毛という選択