脱毛してもらえない条件は?

   

 脱毛できないときはどういうとき?

予約が取れて、ようやく脱毛してもらえるとなったのに、いざサロンにいくと脱毛してもらえないことがあります。
もちろん、サロンによって違いはありますが、簡単に説明していますので参考にしてみてください。

 ☆生理中
脱毛してもらえない条件としては一番多いかもしれませんね。
急に生理になったときはどうしようもありません。
ですが、サロンによってはVIO以外は脱毛してもらえるところもありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

 ☆日焼け
寒い冬には全くといっても過言でないくらい問題にはなりませんが、暖かくなってきて薄着になってくると問題が発生しはじめます。
こんなことはあえて述べる必要もないくらいですね。

脱毛できない理由が脱毛マシンの光が黒色に反応する・・という特徴をもっているからだそうです。
本来なら、ムダ毛にしか反応しないマシンが日焼けした肌にも反応してしまって肌トラブルをおこしてしまうため、トラブル回避のため脱毛してくれないのです。

 ☆飲酒
お酒を飲むと血行がよくなります。
身体が冷えている時にお酒を飲むとポカポカしてくることっってありませんか?
それは血行が良くなっているからなんです。
日焼けと同じで、それだけ肌が敏感になっているので、肌トラブルを起こしやすいので、脱毛してくれないのです。

 ☆肌荒れ
アトピーや敏感肌の場合は、また別ですが、肌荒れだからと脱毛そのものを断られることはなく、肌荒れしているところ以外の脱毛は大丈夫のようです。
もちろん、サロンよって対応が違いますので、事前の確認が必要となります。

 ☆予防接種
大人になると予防接種を打つこともなくなるので、忘れがちになるのですが、予防接種によっては腫れや発熱の恐れがあります。
脱毛によって、症状をさらに悪化させてしまうしまう可能性があるため脱毛できない条件になっています。

インフルエンザの予防接種を打つ人ならそれなりにいるかもしれませんね。
これも予防接種ですので、冬の時期に脱毛する人は事前に確認しておくのが良いでしょう。

 ☆けが
ケガの場合は、脱毛事体を断られることはありませんが、治っていない傷口は当然のことですが、脱毛してもらえません。

 脱毛できない条件は?のまとめ

脱毛してもらえない条件はまだあrかもしれません。
脱毛できる、できないはサロンやクリニックで違いますので確認が必要です。
この確認はひょっとしたら脱毛してもらえない?と思ったときではなく、カウンセリング時に確認しておくようにしましょう。


 - 脱毛あれこれ